iPhone11, X, SE, 8, 7

iPhone 11, X, SE, 8, 7

How to wrap?

はじめに、必ず付属のクリーニングワイプを使って本体をきれいに拭いてください。

汚れが残ったままスキンシールを貼ると剥がれやすくなります。

1.

カメラ台座とカメラリングに、スキンシールを貼り付けます。(一部機種にはカメラパーツが付属しません。)

2.

本体のスキンシールを剥がして裏返しに置き、ロゴマーク部分を取り除いてください。カット済みなので、細く尖ったもので押すようにして取り除くことが出来ます。機器に貼り付けた後から、ロゴマーク部分だけを剥がし取ることは出来ませんので、予めご注意ください。

3.

本体下部のスピーカー穴(オレンジ色の箇所)とスキンシールの位置を合わせ、仮貼りします。

4.

スキンシールを押さえながら、背面カメラに位置を合わせ貼り付けます。

5.

仮貼りしたオレンジの箇所のスキンシールを、ゆっくりと剥がします。

6.

ドライヤーの温風で側面部分とカメラ周辺部分(オレンジ色の箇所)をしっかりと温め、スキンシールが十分に柔らかくなったら側面に沿って貼り付けます。このとき、スキンシールが柔らかくなる前に貼り付けてしまうと、あとで剥がれたり、うまく粘着しない原因となりますのでご注意ください。四隅(ピンク色の箇所)は貼り付けずに浮かせた状態にしておきます。

7.

側面部分をすべて貼り終えたら、背面側の四隅(オレンジ色の箇所)をドライヤーの温風でしっかりと温め、スキンシールが十分に柔らかくなったら貼り付けます。次に側面側の四隅(ピンクの箇所)を温めて貼り付けます。このとき、スキンシールを引っ張ると伸びてしまうのでご注意ください。スキンシールがうまく粘着せず浮いてきてしまう場合は、浮いてくる箇所のスキンシールを少し剥がして、ドライヤーの温風を当ててから貼り付けると強く粘着します。